スカイマークとスターフライヤーはどっちがお得?

格安航空券会社は日本に数多くありますが実際はどの会社がお得なのか? - スカイマークとスターフライヤーはどっちがお得?

スカイマークとスターフライヤーはどっちがお得?

格安の航空券をこれから探そうと思っている人は候補としてスターフライヤーとスカイマークがあります。これら二つ、どちらがお得なのか、何が違っているのかなどを知った上で購入すればさらにお得に購入することができるでしょう。

特徴について

スカイマークの機体

スカイマークは主に羽田から新千歳や福岡、沖縄県など全国各地に就航しています。スカイマークは早朝の時間帯、深夜の時間帯もあります野で、出張に出かける場合や呂翁に行く際にもとても便利に活用することができるという特徴があります。そしてスターフライヤーについては、こちらも羽田から福岡をはじめとする北九州地方に就航しています。九州へ行く場合には、スカイマークよりはスターフライヤーの方が便なども多いですから活用することができるでしょう。スカイマーク、スターフライヤーは、どちらも特徴として一般の航空会社を利用するよりはリーズナブルな価格で飛行機に乗ることができます。荷物サービスなどは一般の航空会社と同じ条件にて機内持ち込みも可能ですし、預入も可能であるという特徴もあります野で、とても便利です。

路線数について

待機中のスカイマーク機

路線数がどれくらいあるのか、それによっても選ぶ便が変わってきますよね。スカイマーク、これは北海道や沖縄など全国各地に毎日18路線就航しています。スカイマークだけの運行路線が用意されているのも特徴です。例えば茨城空港への就航があるのは、スカイマークのみです。羽田から新千歳、福岡、鹿児島、神戸、那覇まで就航しているのですが、スカイマークは北海道から沖縄まであらゆる全国へ行く人にとっても便利な路線でしょう。スターフライヤーはそれに対してスカイマークが就航していないような路線を用意していることが特徴です。例えばですが、中部国際空港であったり、福岡空港も就航しています。

料金形態について

機体のアップ

料金ですが、スカイマークは主な料金体系としては、普通運賃と、早期割引があります。スカイマークの早期割引においては、1日、3日、7日、45日前の利用が可能です。「いま得」という名前の、座席数の残数で航空券の値段が変わるという変動型の割引システムもあります。スターフライヤーは、運賃の基本は普通運賃、早期割引、そして株主湯歌う割引があります。スターフライヤーとスカイマークの大きな違いとしてやはり株主優待が利用できるかどうかは大きいでしょう。株主優待割引についてはお盆、年末年始と板一般的に値段が高めに設定されているシーズンでもリーズナブルな価格での購入が可能となります。早期割引は1日、3日、7日、21日、28日、45日、60日、80日前といった細かい日程で分けられています。スカイマークと比較すると早期割引のタイミングの区分が豊富にあるという点で早期購入割引がリーズナブルに利用できるメリットがあるでしょう。

あずけ荷物の違い

飛び立つスカイマークの機体
預入の荷物の違いについてですが、スターフライヤーはサイズの制限が3辺の和が203センチまでとなっています。そして預入手荷物の重量は20キロまで奈良無料です。スカイマークについては、サイズ制限が50センチ×横は60センチ、高さは120センチ以内となっています。スターフライヤーと同じで20キロまでは無料で利用することができます。スターフライヤーはスカイマークと比較するとサイズ制限が小さくなるのですが、厚さや横の長さ、高さは制限がないのが特徴です。

機内持ち込み手荷物

機内持ち込み手荷物はどうなのでしょうか。スカイマークとスターフライヤー、どちらも同じなので特にどちらを選んでも問題はなさそうです。横は55センチ、高さは40センチ、縦は25センチ以内となっています。そして3辺の合計は115センチ以内です。重量においては10キロとなっています。