スカイマークとスターフライヤーはどっちがお得?

格安航空券会社は日本に数多くありますが実際はどの会社がお得なのか? - スカイマークの早割りの特徴について

スカイマークの早割りの特徴について

スカイマークの早割りがお得なので、ここでは紹介していきたいと思います。早割といえばかなり前から予約をしてかなければいけないと思っている人は多いかもしれないのですが、実際は、一週間前からスカイマークなら可能なのです。

スカイマークの早割り購入割引

スカイマークが用意している早割購入割引、これは前割り1と前割り3、前割り7という三種類用意されています。予約をしてから急な用事が入るかも知れない、当日登場することが難しいかもしれないケースでも、スカイマークの早割り購入割引なら、予約をしてからも予約変更ができるので便利でしょう。航空券というのは予約をしてから270日有効ですので、この期間ないでしたら変更がいつでもできるので便利です。

普通運賃と早割り購入は何が違う?

この二つの違いですが、早割りの場合は普通運賃と比較すると座席に限りがあります。ですから早めの予約が良いのです。早割りは普通に比べるとだいたい60パーセントから70パーセント程度安い値段での購入が可能ですので、リーズナブルな価格で手に入れたいと思っている人は、是非前持って予約を入れておくことをおすすめします。

例えばJALと比較

スカイマークの前割り1とJALを比較してみましょう。JALにも同様の割引サービスがありますが羽田から福岡に行く場合にはスカイマークが17190円、JALが28090円ですので、1万円以上の差があることがわかります。スカイマークは一般のJALやANAと比べると便数はありませんが、利用時は搭乗時間に合わせて観光などの予定を組めば安くなります。また一般の航空会社同様に、深夜便、早朝便なども用意されているので、これらを利用すればとても便利にリーズナブルな価格で手軽に手に入れることができるでしょう。

関連する記事